製 品 詳 細


和泉和晒とは?

綿スフ織物の歴史はひじょうに古く600余年前といわれてます。

室町時代に綿の栽培をおこない、白木綿を製織したのが始まりとされています。

江戸時代に入ると摂津・河内・和泉(いずみ)・大和など畿内を中心に急速な

発展を遂げ広く日本国中に知れわたり、国内の中心的な綿業地帯を形成するに至りました。

その中でも和泉の産地に長く引き継がれてきた白木綿を和泉木綿(地域ブランド)と呼び。

大阪の泉州で生産された和泉木綿を泉州地域で晒し加工された生地を「和泉和晒」と呼びます!

新着情報

オリジナル日本手ぬぐい御注文承ります。


   
▲pagetop